NEWREEL
Feature 【前編】大橋史、吉川和弥、関口和希と語る、アニメーション作品「君か君か」。白抜きのキャラクターデザインと感情移入させるアニメーション誕生秘話。

ソニーのデザイナーとSF作家がコラボレーションし、Sci-Fiプロトタイピングの手法を用いて「2050年の東京」を短編小説として描き出すプロジェクト。その一遍の小説、麦原遼による「君か君か」は、未来の住居(HABITAT)をテーマにしたもの。そのコンセプトムービーとして制作されたアニメーション作品「君か君か」は、サイバーパンクな未来の世界を、グラフィカルなキャラクターデザインと、繊細なアニメーションによる心理描写で観る者の視線を釘付けにする。監督の大橋史、キャラクターデザインの吉川和弥、アニメーターの関口和希にその制作背景をインタビュー。前編ではキャラクターデザインを中心にお届けします。

kana Dec 22 2021
Feature xR連載 ep1. XR SQUADが描く未来のバーチャルプロダクション。
”xRの魅力は 物語を現実にする技術”篇

2021年9月にはレイバンとfacebookが共同開発したスマートサングラス「Ray-Ban Stories」が、Amazonからは家庭用ロボット「Astro」が立て続けに発売された。東京パラリンピックの閉会式にはバーチャルヒューマンのimmaが登場し、リアルな人間と変わらない存在感を示した。NFTアートが仮想通貨でトレードされ、ゲームプラットフォームで人々はライブに行く。テクノロジーとインターネットの発展で、現実の世界とバーチャルな世界はどんどん混じり合っていく。そのような増殖する多様な”現実”をxR(エックスアール)と総称する。今後加速していくであろうxRの分野をBASSDRUMのXRチーム「XR SQUAD」のテクニカルディレクターである小川恭平さんに三回に渡って解説してもらう。第一回目はxRの基礎を学んでいきたい。

kana Oct 22 2021
Reel 05:52 ミルワイス「2016 - My Generation」のMVは
現代の独裁と現実となった「時計仕掛けのオレンジ」への警鐘

ミルワイスの新作MVはかなり奥が深い。無数のロゴやマスコットキャラクターなど、現代社会を象徴する見慣れたアイコンたちを通り過ぎた後に起きる大炎上。エッ!? これってバッドエンド? ハッピーエンド? その答えはNEWREELの記事を読めばわかります……!

金井哲夫 Oct 12 2021

FEATURE

VIEW ALL

Playlist

VIEW ALL