NEWREEL
News

映像作家も多数参加! 手作り系ポップアップショップ「PHYSICAL TEMPO HENTAI」開店中

NEWREEL NEWREEL Dec 26 2017

「PHYSICAL TEMPO」が、2年ぶりにTOKYO CULTUART by BEAMSにカムバック! 本サイトで紹介したアニメーション作家の作品も販売中だ。

FacebookTwitterLinePocket

「PHYSICAL TEMPO」という期間限定のショップをご存知だろうか?

毎回テーマを決めて、人気クリエイターやハンドメイド作家たちに声をかけ、そのテーマにそって作ってもらったオリジナル商品を中心に攻めに攻めまくったラインナップで話題のショップであります。雑誌でいえば特集主義かな。毎回、まったくちがうテーマで、しかもそのテーマがまたユニークなので、他のショップではちょっとお目にかかれないものが揃うことになる。その「PHYSICAL TEMPO」が、原宿のTOKYO CULTUART by BEAMSで1月10日(水)まで開催中だ。

これまで「わん(犬)」「ねこやしき」「七不思議」など、さまざまなテーマで展開してきたPHYSICAL TEMPOだが、今回テーマとして選んだキーワードは「HENTAI」。

へ、ヘンタイ??

この「HENTAI」にはさまざまな解釈があり、口にするのもはばかられるアブノーマルなHENTAIから、形態を変えるという解釈でのHENTAIまで、あらゆる意味でクレイジーな商品がところせましと並ぶ。

実際どんな作品なのか見てみよう。

フェルト手芸作家のそ子作。リアルなゾウの造形がブリーフに映える。
カルト的人気を誇るルアーブランド『痴虫』からは一点ものの変態マスク
PHYSICAL TEMPOオリジナルS□X

そのほか、来年の戌年にちなんでクリエイターたちがペイントを施した犬張り子も販売中。世界にひとつだけの個性あふれるワンコたちは、ファンなら絶対手に入れたい縁起物のひとつかもしれない。

クリエイターお手製ペイントの犬張り子たち。下段には蛭子能収さんのものも! クリエイターの人選が幅広い。

犬張り子の作家の中には、映像作家の作品もちらほら混じっています。どれも一点ものなのでファンは急いで!

アニメーション作家ぬQ作品。ぬQ作品の主役の2人が犬張り子に。
アニメーション作家ひらのりょうの犬張り子。
コップのフチ子でおなじみのタナカカツキ作の犬張り子。

張り子の他にも、映像作家のグッズはあります。

アニメーション作家・ぬQのグッズコーナー
gdgd妖精sなどでおなじみの菅原そうたグッズ。リンゴ・ゴリラ・ラッパのしりとりデカ缶バッジ。

ちなみに、土居伸彰氏の連載「変態アニメーションナイトというNEW CHANNEL」に登場した、韓国のアニメーション作家ホン・ハクスンが描くウィンク・ラビットのペインティング作品も販売されている。

ホン・ハクスンの直筆イラスト

12月15日からスタートし折り返し地点を迎えているが、今後もいくつかのハンドクラフト系ワークショップを予定しているため、これから足を運ぶ人はぜひPHYSICAL TEMPOのサイトをチェックしてほしい。

(写真・川瀬一絵 / 池ノ谷侑花 / いすたえこ)

NEWREEL

NEWREEL編集部