NEWREEL
Reel

ワ・オーの「Softstyle」は
なんでもアリ系ビデオゲーム風おバカMV

金井哲夫 金井哲夫 Feb 24 2021

ワ・オー(Wuh Oh)自身がゲームキャラクターとなり、宿敵ゴブリンとの対決を繰り返すビデオゲーム風MVが登場。こんな感じの要素ごちゃ混ぜ「なんでもアリ」のゲームがホントにあったら楽しそう!

dir,prod co
Zones
m
Wuh Oh
FacebookTwitterLinePocket

15歳でデビューし、派手なライブパフォーマンスで人気が上昇中の作曲家でパフォーマーでプロデューサーのピーター・ファーガソンは、Wuh Oh(ワ・オー)というプロジェクト名で活動している。これは、去年発売されたシングル「Softstyle」のMV。ゲームデザイナーでデジタルアーティストのZONES(ゾーンズ)ことジョー・クローガンと共同でワ・オーの新曲のMVを作り上げた。

Softstyleの歌詞は、来るならかかってこい、一発食らわせてやる、今ガソリンで料理してるから邪魔すんな、傑作だぞ……てな意味なさげな内容。

MVでは、ワ・オー自身がゲームキャラクターとなり、宿敵ゴブリンとの対決を繰り返す。どこか懐ゲーっぽい映画っぽい場面で戦闘が繰り広げられるが、途中で生命力が0に近づいて、BattleじゃなくてChill(一服)を選択すると、ワオとゴブリンがソファーで和むのがかわいい。最後は、なんかスタンドっぽいのと一緒に、なんかカメハメ波っぽいのでゴブリンを倒しておしまい。

彼らは「ワ・オーの究極のビデオゲームってどんなだろう?」という議論を数カ月間重ねた結果、あまり既存のビデオゲームらしくない、彼らの夢のゲームの世界を作ることに決めた。

「大好きなポップカルチャーや映画やアニメのエレクトリックなミックス」として「ゴブリンが自由に暴れまくれる、なんでもアリな世界のリアリティー」を表現したという。

こんなふうに、いろんな要素がごちゃ混ぜになった「なんでもアリ」のゲームがホントにあったら、すっごく楽しそう。このチープな感じの開けっぴろげのバカっぽさが、コロナ禍で沈んだ気持ちを晴らしてくれるね。個人的にはSaxyくんが好き。

金井哲夫

雑誌編集者を経て、フリーランスで翻訳、執筆を行う。