NEWREEL
Reel

BECK – Up All Night
現代のジャンヌ・ダルクが夜通し走る

kana kana Nov 22 2017

Beck のMV - Up All Night。監督を務めるディレクターズデュオCANADAから届いたメイキング写真も一緒にご紹介

dir
CANADA
FacebookTwitterLinePocket

世の女性のみなさん。「白馬に乗った王子様」の時代は終焉を迎え、これからは自ら白馬に乗って、世の男性を救いに行く時代が到来したようです。

ビリヤード台の真ん中で、酔っ払い、倒れ込む青年。
歩道に立つ道路標識を蹴り倒し、パーツを剥ぎ取る少女。

ダメ男をレスキューするヒロインの冒険を描くのは、10月に発売されたBeckのアルバム「Colors」収録楽曲「Up All Night」のMV。
しかし「眠れる森の美女」や「静かなる男」のような甘いロマンスの欠片は微塵もない。ジャンヌ・ダルクのような勇ましさと、艶めいたクールさがひたすらに描かれている。

折しも、映画界では「ワンダーウーマン」や「アトミック・ブロンド」がヒットを飛ばし、時代は“強いお姉さん”を求めているようだ。

中世のメタルアーマーに身を包んだヒロインを演じるのは、フレンチ女優のソレーヌ・リゴ(Solène Rigot)。「17人の娘たち」(2011年|監督:ミュリエル・クラン、デリフィーヌ・クラン)、「やさしい人」(2013年|監督:ギヨーム・ブラック)に出演する。相手役にはスケーターのペドロ・アッテンボローが扮する。

彼女の戦場となるのは、狂乱のハウスパーティ。壁を破り、酔っぱらいを飛び越え突き進む。ソレーヌの行く手を阻むのは、ピザに修道女、ジャンキー、アメフト選手、さらにはジャングルの密林までもが登場する。遮るものをすべてなぎ倒し、青年を救うため恐れを知らずに突き進む。

「Colors」メイキングより。中央で指揮をとるのはCANADAのNicolás Méndez監督。photo by  CANADA Team

MVならではの遊び心あふれるアイデアと魅力的な映像を演出するのは、スペインのディレクターズデュオ「CANADA」。10月に開催されたUK Music Video Awards 2017で「Best Alternative Video – International(最優秀作品賞)」を受賞。話題となった本作は、「ジャンキーになりそうな弟を救い出す姉の話」とか、「酔いつぶれた友達を救出する物語」とか、視聴者が色々な解釈をしているのも面白い。

photo by  CANADA Team
休憩中の修道女役のみなさん。photo by  CANADA Team

このMVアイデアは当初、男性が女性を救うストーリーから始まったそうだ。企画のブラッシュアップの段階で男女の役割を入れ替えた。撮影には、CANADAが信頼するスタッフが集結し(ポストプロダクションはMathemathicが担当)、合計4日間が費やされた。監督は「2017年で最も楽しかった撮影だ」とコメントしている。

さて、冒険はいよいよ終盤へ差し掛かる。
道中、聖杯を手に入れた彼女は、
それはそれは美しいメタリックに輝くスポーツカーへと変身。

ゴージャスなシルバーのクルマは銀色のビニールで覆って作っている。photo by  CANADA Team

ナンバープレート“BECK”をつけたクルマのルーフでは、
救出された青年は、朝の空気の中を気持ちよさげにサーフする。


関連アイテム

kana
bykana

NEWREELの編集者。コツコツと原稿を書く。