NEWREEL
News

実物大の木彫りの動物たち。
三沢厚彦の「アニマルハウス 謎の館」

NEWREEL NEWREEL Nov 9 2017

現代日本を代表する彫刻家のひとり、三沢厚彦。ノミや刀でクスノキの丸太を彫り、さらに油絵具で彩色した“実物大”の動物たち「ANIMALS」を生み出している。そのANIMALSが現在、白井晟一設計による特徴的な建築で知られる渋谷の松濤美術館に出現中だ。

三沢厚彦/Bird 2013-01/撮影:加藤健/樟、油彩
FacebookTwitterLinePocket

本展では、ANIMALSは生々しい生命感を漂わせながら、また周囲の空気を振動させるような強い存在感を放ちながら、館内に居場所を見つけて佇んでいる。一方、彼らの創造主である三沢は、美術館を「アニマルハウス 謎の館」と名づけ、館の主人として館内に居場所を構えながら、制作したり展示を行ったりしているほか、親交の深い彫刻家・舟越桂、画家の小林正人と杉戸洋、写真家・浅田政志を館へと招き入れ、彼らとその作品たちとの交歓と共鳴によって様々なイベントを開催。

三沢厚彦、舟越桂、小林正人、杉戸洋、浅田政志 with Animals /2017 Photographs by Masashi Asada

会期は後半を迎えているが、11月18日(土)の「三沢厚彦×舟越桂 公開制作 粘土で首像をつくる」(15:00〜16:00、事前予約不要、定員80名)、11月25日(土)の「作家集合トーク」(14:00〜15:00、事前予約不要)のほか、土・日曜日(15:00〜16:00)には、4人の作家のいずれかが展示室で公開制作を行い、即興で音楽を流したりトークが行われたりと、まだまだイベントが盛りだくさん(最新情報はWebサイトにて)。

三沢厚彦/Animal 2016-01/撮影:渡邉郁弘/樟、油彩に彩色

松濤美術館のWebサイトでは変化しつづける「謎の館」の様子も紹介。館の主人(三沢)とその客人方の制作によって“日々成長しつづける展覧会”は必見。

NEWREEL

NEWREEL編集部